ネパリ・バザーロとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルダトップページへ戻る

ネパリ・バザロは、フェアトレード事業収益部門を担う有限会社ネパリ・バザーロと、非営利部門を担う特定非営利活動団体ベルダレルネーヨの総称です。

収益事業の活動は、ネパールのハンディクラフトや食品の企画、開発を行い、継続的に輸入を続けることによってネパールで厳しい生活を余儀なくされている人々の就業の場の拡大を目指しています。市民団体ベルダレルネーヨの活動から生まれました。

非営利活動を行うベルダレルネーヨは、ネパールに学校を作り、子どもたちの支援をすることを目的として1991年に活動を開始しましたが、子どもたちが学校へ通えない背景には、学校の有無ではなく、その家庭の貧困問題があることに気付きました。貧困改善のために、仕事の機会を創出し経済的な自立を促すことが必要と考え、1992年8月、(有)ネパリ・バザーロを設立しました。

頻繁に現地を訪れ、生産の現場を見て、生産者から直接話を聞き、改良箇所を討議したり、企画開発を行うなど顔の見える関係を大切にし、強い信頼関係に基づくパートナーシップを築いてきました。日本では、生産者に継続して注文が出せ、収入の安定につながるように販路の維持拡大に努めながら、ネパールや生産者を紹介する講座やイベントを行い、活動へのより一層の理解を呼びかけています。また、障がいのある方たちなどの仕事創りにもこだわり、立場の弱い人々がより多く就業の機会を得られ、共に生きていける社会の実現に少しでも寄与できればと考えています。

さらに2011年3月11日の震災以降、様々な被災地支援を続ける中で、陸前高田に古くから伝わる椿油に出会いました。これまでのネパールでの経験を生かした長期的取り組みとして、素晴らしい可能性を秘めている椿油とその関連商品の製造販売による雇用機会の創出と経済の活性化、そして地域復興を目指しています。

非営利活動を行うベルダレルネーヨは、2014年12月に、特定非営利活動法人ベルダレルネーヨとなり、フェアトレード推進事業、女性の自立と子どもの育成支援事業、東日本大震災復興支援に関する事業に力を入れて参ります。