header image
 

All posts in 3月, 2017

復興がなかなか進まないネパールでは、ラスワキャンプでは、当初150世帯、未だ100世帯が暮らしています。被災度の大きかったラムチェでは、ようやく問題だった水問題を解決するために井戸堀が始まりました。まだ、まだ時間がかかりそうですが、支援を続けて参ります。

「春だ!集おう!」ご覧頂けましたら嬉しいです。
無料でお送りいたします(*^_^*)

申込先↓
http://www.verda.bz/?pid=107890617

3月28日に、野田村山葡萄ワイン“柴雫(しずく)Marine Rouge 2016” 新酒発表会が、野田村国民宿舎えぼし荘で行われました。

代表の土屋が、サポート会員の皆様、ツアーに参加して下さった皆様、様々な形で応援して下さった皆様を代表して、出席させて頂きました。

ワイナリー完成まで応援して下さった野田村の村民有志の会の皆さん、サポート組織の皆さん、そして、山葡萄生産者の皆さんも出席して、総勢70名で、間もなくお目見えする新酒のロゼと赤ワインを味わいながら、皆でその完成をお祝いしました。

嬉しそうな山葡萄農家さんの表情と、熱い気持ちで取り組むワイナリースタッフ、喜ばれている野田村の方々・・・本当に皆様の応援のお陰です。これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

ワインは、4月1日より発売スタートです!
「ネットぱあぷる」 http://www.pa-puru.com/
「南仏ワインのお店 aVin」 http://avin.jp/

4月15・16日(土日)の“つなぐつながる市”でも販売させて頂きますよ!

サポート会員の皆様への発送は、ホタテの収穫時期に合わせてお送りいたします。今しばらくお待ちください!詳細は、またご連絡いたします。

 

ぜひ遊びにいらしてください!!
両日共に、13:30から対話テーブル。その時集ったメンバーで、一緒にテーブルを囲んで自由にお話ししましょう。

1500箱のワカメの箱詰め作業、お疲れ様でした。筋肉痛は大丈夫ですか?水揚げ高にして、35トンの生ワカメ。大変な作業ではありましたが、それぞれが役割を探し、声を掛け合いながらのチームプレーは楽しかったですね。

作業ももちろん喜んで下さいましたが、何よりも有難く思って下さったのは、私たちの「忘れない」気持ちだと思います。

震災遺構たろう観光ホテルで見せて頂いた、津波の映像。
巨大な防潮堤が作られ、変わってゆく田老の景色。
盛岡~宮古間の生々しい台風の爪痕・・・

現地で感じた言葉にならない気持ちを心にとめていたいと思います。

お疲れ様でした!詳細はまたお伝えします。明日に備えて体力温存で、今日はお休みなさい!

木のまわりだけぽこっと穴があいているようにみえます。木の根っこの部分があたたかいので、そこから雪が溶けていくそうです。雪国の春景色です。

先発チームが、すでに田老に入っています。宮古市は0度。昨年9月の台風の水害の爪痕がまだまだ残っています。

新発売のハーブティー、“オレンジ&ジンジャーブレンド”。
「美味しい!」とご好評をいただいております。ありがとうございます!(^^)!

花粉症の方必!!の嬉しいお客様のお声も届いていますよ~(*^^*)
——————————————————
こちらは、花粉の飛散ピークになっています。
室内にいても、一度ついた花粉の影響なのか
鼻水と目のかゆみにイライラしてしまいます。

でも、オレンジ&ジンジャーブレンドを
今日は静かに味わっているのですが、
イライラがなくなり、幸せ感が、徐々に湧き出るのは
なんとも不思議な、感覚です。

花粉症の方々に、私のこの幸せ感を、お伝えしたいです。
——————————————————

とってもやさしいお味で、私も毎日飲んでいます(*^^*)
http://www.verda.bz/?pid=114401669

昨年8月末の台風10号。
各地に甚大な被害をもたらしましたが、特に岩手県北部沿岸の久慈市、岩泉町、野田村では大きな被害が出ました。野田村では、安家川の上流から流れてきた大量の流木や土砂が下安家漁協の「鮭マスふ化場」を直撃しました。

私たちは、皆様から頂いた「東日本大震災」の支援金を寄付させて頂きました。その御礼のお手紙を、下安家漁協協同組合 代表知事組合長の島川良英様から、(有)ネパリ・バザーロNPO法人/ベルダレルネーヨ宛に頂きましたので、ご紹介致します。
————————————————————————
拝復 この度の台風10号による洪水被害にあたりましては、ご丁寧な見舞いをいただき誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

東日本大震災からの被災復興も息つく暇なく、今回の大水害により甚大な被害となり、正直なところ、2度目の大災害を受けてこれから如何にするか悩んでいるときに、非常に心強いご支援をいただきました。

その御蔭をもちまして、今着実に復興に向かっており、丸一年ぶりのサケ漁に間に合う様、8月末には稼働する予定です。また、頂いたお見舞金は復旧する組合経費として有り難くいただきましたので、改めて御礼申し上げます。

追、御礼が遅れたことをお詫び申し上げます。
3月に入り洪水で壊れた村道橋やう回路の仮設の橋、そして、それらを埋めていた流木や瓦礫、土砂が無くなっております。まだ、工事車両の騒々しい音は消えませんが、着実に春(復興)に向かっているようです。
————————————————————————
いつも応援下さる皆様、本当にありがとうございます。