header image
 

NEPALI BAZARO Activity  

新発売のハーブティー、“オレンジ&ジンジャーブレンド”。
「美味しい!」とご好評をいただいております。ありがとうございます!(^^)!

花粉症の方必!!の嬉しいお客様のお声も届いていますよ~(*^^*)
——————————————————
こちらは、花粉の飛散ピークになっています。
室内にいても、一度ついた花粉の影響なのか
鼻水と目のかゆみにイライラしてしまいます。

でも、オレンジ&ジンジャーブレンドを
今日は静かに味わっているのですが、
イライラがなくなり、幸せ感が、徐々に湧き出るのは
なんとも不思議な、感覚です。

花粉症の方々に、私のこの幸せ感を、お伝えしたいです。
——————————————————

とってもやさしいお味で、私も毎日飲んでいます(*^^*)
http://www.verda.bz/?pid=114401669

昨年8月末の台風10号。
各地に甚大な被害をもたらしましたが、特に岩手県北部沿岸の久慈市、岩泉町、野田村では大きな被害が出ました。野田村では、安家川の上流から流れてきた大量の流木や土砂が下安家漁協の「鮭マスふ化場」を直撃しました。

私たちは、皆様から頂いた「東日本大震災」の支援金を寄付させて頂きました。その御礼のお手紙を、下安家漁協協同組合 代表知事組合長の島川良英様から、(有)ネパリ・バザーロNPO法人/ベルダレルネーヨ宛に頂きましたので、ご紹介致します。
————————————————————————
拝復 この度の台風10号による洪水被害にあたりましては、ご丁寧な見舞いをいただき誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

東日本大震災からの被災復興も息つく暇なく、今回の大水害により甚大な被害となり、正直なところ、2度目の大災害を受けてこれから如何にするか悩んでいるときに、非常に心強いご支援をいただきました。

その御蔭をもちまして、今着実に復興に向かっており、丸一年ぶりのサケ漁に間に合う様、8月末には稼働する予定です。また、頂いたお見舞金は復旧する組合経費として有り難くいただきましたので、改めて御礼申し上げます。

追、御礼が遅れたことをお詫び申し上げます。
3月に入り洪水で壊れた村道橋やう回路の仮設の橋、そして、それらを埋めていた流木や瓦礫、土砂が無くなっております。まだ、工事車両の騒々しい音は消えませんが、着実に春(復興)に向かっているようです。
————————————————————————
いつも応援下さる皆様、本当にありがとうございます。

かなりハードなワカメの箱詰め作業。今はワカメ収穫の最盛期で、漁師さんも疲れが溜まっている頃と思います。2日間は安心して休んで頂けるように、皆で頑張りましょう

ツアーのお宿は、「渚亭たろう庵」。最高級のお宿です。3Fまで津波がつきぬけ、震災遺構となった「たろう観光ホテル」が生まれ変わりました。防災ガイドの方にご案内頂きながら、6Fから津波がくるのを撮影した映像も見せて頂きます。

参加者の皆さんと共に、現地で色々なことを感じてきたいと思います。

3月12日にご案内頂き、訪ねました。

大自然の中、たくさんの牛たち。
天寿を全うするまで、生かされています。

牛たちの上を通る送電線は東京へとつながっているそうです。
福島の問題ではなく、私たちの問題です。

5月27・28日(土日)に開催します。

奥州ツアーは、毎回大人気!(^^)!
精魂込めてお米を栽培して下さっているアグリ笹森の皆さんに、会いに行きましょう!
大自然と共に過ごし、歴史もたどる2日間。美味しいごはんに、素敵な出会い。
またまた、盛りだくさんな内容です(*^^*)

お申し込みはこちらから。
http://nbazaro.jp/mailform/form.php?form=58b5696906ae5
ツアー詳細はこちらから。
http://nbazaro.org/event/201705rice_tour.pdf

~アグリ笹森さんより~

ここ数日、渡り鳥(白鳥やカモ類)が朝は北に向かって、夕方は南に帰って行く大飛行隊列が毎日見られます。

北に帰る準備で、朝はエサを食べに。
写真は2月末、白鳥が田んぼで落穂を食べているところです。
夕方はねぐら(沼やため池)に戻るのだと思います。

季節が変わるのが、彼らは敏感に感じているのでしょう。

昨日、2017.3.16に、ネパール女性の地位向上と経済的自立を目的に活動するフェアトレード団体マヌシの25周年行事が、アンナプルナホテルの庭先で盛大に行われました。ネパールの経済産業省の事務方がメインゲストとして参加されました。

マヌシがビジネスを始めた頃は、とても困難でしたが私たちネパリの代表土屋春代と、サナハスタカーラ(フェアトレード団体)で始めて出会い、仕事の質の向上が劇的に得られたこと、4人のスタッフ、ワーカーが日本で研修を受けたこと、その基礎があって今日の品質と発展があることなど、詳細に話され、ネパリなくして今日のマヌシがないとまで話して下さいました。そして、始めにネパリ、次にドイツのアカ、その次にオランダのヌーサが読み上げられ、感謝状と贈り物が贈られました。

当日、私たちは直接には参加できなかったので、常に私たちと歩んでくれているリチューアルフライトのディリーが代表のパドマサナさんから直接受け取って下さいました。これは、皆様を代表して私たちが感謝状を頂いたと思っています。これからも、一人でも暮らしが良くなるよう、地道に頑張って参ります。応援、宜しくお願い致します!

 

待望のノンカフェインのハーブティー!

ほんのり甘いオレンジと爽やかなレモングラスに、ジンジャーがピリッと効いています。やさしい味わいとシトラスの香りで、リフレッシュ&リラックス。ティータイムをお愉しみ下さい(*^^*)

はちみつも、とってもよく合います♪

オレンジピール、レモングラス、ジンジャーは、全てネパールのヒマラヤ山脈の麓、カンチャンジャンガ紅茶農園から。みんな元気かな、と思い浮かべています。

こちらからどうぞ!
http://www.verda.bz/?pid=114401669

飯舘村訪問の翌日、浪江町をご案内頂きました。

ここは福島の第三の原発、浪江・小高原発の元予定地。写真は棚塩集会所。子孫の命を守ろうと、必死に闘い、守り抜いた方々の拠点だったそうです。

3.11の津波でほぼ全壊した集会所は、6年前のままでした。中に入ると、粉々に砕けた窓ガラスなど、当時のまま。

違うのは、至近距離にできた除染廃棄物の焼却施設。違う窓からは、大量に保管されたフレコンバッグの山が見えます。後ろ側は、廃棄物の仮置き場。

約40年前に、私たちの未来をかけて、命懸けで闘った方々。今、どれほど悔しい思いでいらっしゃるかと思うと、怒りがわいてきました。

ただただ平和に、人が人として幸せに、自然と共存した暮らしを営みたいだけなのに。それを守り続けることが、なぜこれほど困難なことなのかと悔しく思います。あの場の空気感は忘れません。

カトマンズ郊外にある養護施設MSCCの子ども達の最近の様子をお伝えします。ネパールは、3月中旬にもなると、冬の寒さから一変して春、カトマンズは暑いぐらいの陽気になります。寒暖差が大きい季節でもあり、体調を崩しがちです。政治の問題が常に頭を痛める昨今でもありますが、唯一、電気だけはほぼ停電がない状態が続いて、今までの停電はなんだったのだと思いますが、これだけは、良かったと思います。
養護施設の様子は?と言えば、2人の男の子が増えました。極西ネパールはカイラリ郡という首都カトマンズからは遠方の平野部で、ジェンダー、教育等が最も遅れた地域から来ました。8年前にお母さんがお父さんによって殺され、お父さんも首を吊って自ら自殺。残された子どもたちは、最近になり、政府の救援活動を経て、MSCCに来ることができました。また、つい先日、男の子が病気になり入院。スタッフ、ラムさんなどで昼間、夜間の24時間体制で看病をしています(ネパールでは、看病は、患者側で行わなければならず、しかも、通常、寝る、休む場所はなく、通路にシートを引いて休むなどをするので、看病をする側の負担もとても大きいのです)。もうそろそろ退院できそうです。
子ども達は、学年末最後の試験が間もなく始まるので、勉強しています!
嬉しいニュースとしては、やっとラスワという中国国境付近の地域から新たに女性スタッフが来てくれたことです。主に、小さな子どもの面倒と、食事を担当しています。ラムさんの負担が少しでも減りますように。
皆様のご支援で、子ども達がすくすく育っています。有り難うございます!

NPO法人シャロームさん主催の飯舘村でのイベント。300人以上の村民の方々が来られて大賑わいでした。皆さん楽しまれている様子が伝わってきました。東鳴子温泉にご招待させて頂いた方との再会も嬉しかったです。

東鳴子温泉ご招待の御礼にと花束を頂き、びっくりしました。これまでお手伝いくださった方々、ご支援くださった皆様のお陰です。これからもどうぞよろしくお願い致します。

東鳴子温泉で公演して頂いている大阪、釜ヶ崎の「紙芝居劇むすび」さんとの再会も楽しみで、公演もとても良かったです。

これからもご縁を大切に、ずっとつながっていたいと思います。シャロームさん、本当にありがとうございました。

帰りに、綿津見神社、山津見神社を訪ねました。飯舘村の暮らしを見守ってきた場所なんだなあと感じました。

村のあちこちに山積みにされているフレコンバック。「あの中にあるのは俺たちの財産なんだ」という村の方の言葉が胸にささっています。