沖縄カカオプロジェクト~ハルサーを「つなぐつながる」活動記 vol.3

みなさん、こんにちは。ネパリバザーロのカタログ季刊誌『つなぐつながる』で、カカオフレンズさんを紹介する連載『虹色の星座』を担当している簑田です。ネパリ会長の土屋春代さんの2022年3月の10日間の沖縄滞在の後半に合流してきました。
写真と共にご覧ください!レポート全文はぜひ、HPでご覧くださいね。
写真1枚目)伊江島にも渡り、阿波根昌鴻さんがのこした「平和資料館 ヌチドゥタカラの家」で、阿波根さんの秘書を務めていた謝花悦子さんのお話も伺いました。謝花さんも、若き農業者との出会いを喜んでくださって、農民学校の建設を目指していた阿波根さんの思い出話にも力がこもっていました。ありがとうございました
写真2枚目)今回、新しい出会いもありました。久米島で「失われた製糖技術を再建し、久米島産の純黒糖を作りたい!」と夢を描いて、今年の1月にクラファンを達成し、ノンケミカルなサトウキビ&黒糖作りをスタートさせている、山城葵さん。
写真3枚目)お互い農業人としてエールの交換ができた山口さんと山城さんも同世代。そして山城さんを紹介してくれたのは、久米島へ移住して3年近くになる、マイコさん(右)。マイコさんは神奈川県で過ごした学生時代にネパリバザーロと繋がっていて、移住してスタッフとして働いていた「球美の里(福島の子ども保養プロジェクト)」で、数年前に土屋春代さんとの、お互いびっくり!の嬉しい再会があって、そこからまた、新しいつながりが芽生えています。
写真4枚目)「球美の里(福島の子ども保養プロジェクト)」の庭で花を咲かせていたレモンの木。東北、福島、沖縄、ネパール。そして、ネパリを支えてくださっている皆様が暮らす土地。地域と地域、人と人の、健康的で幸せな繋がりの輪を。これからもネパリバザーロの活動を通して、若い世代のチャレンジや、平和で公正な社会づくりの基礎となる「農業」や「手仕事」へのご理解とご支援をよろしくお願いします。
end
————
◆レポート全文は、HPでご覧ください!
カテゴリー: 活動 | コメントする

沖縄カカオプロジェクト~ハルサーを「つなぐつながる」活動記 vol.2

みなさん、こんにちは。ネパリバザーロのカタログ季刊誌『つなぐつながる』で、カカオフレンズさんを紹介する連載『虹色の星座』を担当している簑田 理香です。ネパリ会長の土屋春代さんの3月の10日間の沖縄滞在の後半に合流してきました。写真&ミニレポート2回目です。
今回の春代さんの沖縄滞在の目的の1つは、そんな先輩ハルサーたちと、若いハルサーをつなぐこと。若いハルサーどうしをつなぐこと。私は密かに「ハルハルネットワーク」(ハルヨさん×ハルサー)と呼んでいます。3月6日の投稿でもお伝えされているように、岩手県野田村の山葡萄/山葡萄ジュースの生産者、山口光司さん(27歳)も、春代さんのコーディネートで同行されています。
写真と共にご覧ください!
写真1枚目)こちらは、阿嘉さんのハウス。カカオの木も元気に育っています。
写真2枚目)カカオ苗を育ててくださっている阿嘉さんからも、いろんなことを教わりました。
写真3枚目)カカオの木にも多くの新芽が。
写真4枚目)黒い土の部分が見えますか?サトウキビを煮詰めてできる搾りかすを一年くらい、露天で寝かせて、阿嘉さんは堆肥にしています。そのとちにあるもので、自然の恵といのちの循環を。
写真5枚目)オレンジ色の小さな実。みかんではなくて、シークワーサーです。青い実のイメージが強いですが、完熟するの、こんな色になり甘くなります。
写真6枚目)阿嘉さんに教わりながら、山口さんもシークワーサーの収穫にチャレンジ。山葡萄とはまた違った感触だったことでしょう。
写真7枚目)阿嘉さんが育てている、マンゴーの花。
つづく。
————
◆レポート全文は、HPでご覧ください!
https://nb.verda.bz/…/%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%82%ab%e3…/
カテゴリー: 活動 | コメントする

沖縄カカオプロジェクト~ハルサーを「つなぐつながる」活動記 vol1

みなさん、こんにちは。ネパリバザーロのカタログ季刊誌『つなぐつながる』で、カカオフレンズさんを紹介する連載『虹色の星座』を担当している簑田 理香です。ネパリ会長の土屋春代さんの3月の10日間の沖縄滞在の後半に合流してきました。写真とともに、ミニレポートを数回に分けてお届けします。
インドのオーガニックカカオと沖縄産の黒糖ですすめている沖縄カカオプロジェクト・LISAチョコ。いづれは、カカオも沖縄産で!と夢を掲げて、ご縁ができた久米島とヤンバルの農家さん(畑人:ハルサー)がカカオを育ててくださっています。
今回の春代さんの沖縄滞在の目的の1つは、そんな先輩ハルサーたちと、若いハルサーをつなぐこと。若いハルサーどうしをつなぐこと。私は密かに「ハルハルネットワーク」(ハルヨさん×ハルサー)と呼んでいます。3月6日の投稿でもお伝えされているように、岩手県野田村の山葡萄/山葡萄ジュースの生産者、山口光司さん(27歳)も、春代さんのコーディネートで同行されています。山口さんは、前半では沖縄の歴史について人生の大先輩たちからお話を聞き、基地問題を抱えた現状についても学ばれたそうです。
高校の修学旅行以来、2度めの沖縄という山口さんのノートには、彼が現地で受け止めた、土地と人の歴史の積み重ねがびっしりと書き込まれていました。「なかなかすぐには咀嚼できないですけど・・」と言葉少なに語る山口さん。ゆっくりゆっくりと芽がでる土壌となっていくと思います。平和な社会と、そこに繋がり、それを根として幹として支える農業の大切さ。私自身も、何度も何度も噛み締めていきたいと、改めて思う沖縄滞在でした。
今回の「ハルハルネットワーク」づくりの「その後」は、これからのカタログ季刊誌『つなぐつながる』でも紹介されていくそうですよ。私も今回は『虹色の星座』のインタビュー1本も収録してきました。こちらは秋号に掲載予定とのこと。これからもどうぞ、ネパリバザーロの取組みにご注目くださいね。
写真1枚目)久米島でカカオを育ててくださっている阿嘉茂さんのご紹介で出会った、リナさん(左)。ご両親が営む花卉栽培のお仕事をしながら、有機栽培で、いろんな作物づくりの挑戦も始めています。リナさんの名詞には「はじける農業」のコピーが光っています。野田村の山葡萄農家の山口さん(右)とは同い年!
写真2枚目)久米島の平屋建てのハウスの中には、とてもいい「気」が満ちていました。
写真3枚目)リナさんが、育てているオーガニックのバタフライピー。さやの中には、タネがたくさん入っています。チョウマメとも呼ばれる熱帯アジア原産のマメ科の植物。青紫の花びらを煎じると、きれいな青いお茶に。リナさんは乾燥させ粉末にしています。
写真4枚目)ブドウの栽培にも始めてチャレンジ中。「この新芽のところは、1ヶ月もするほ葉が開きますよ」という山口さんの言葉に、リナさんも一安心でした。
写真5枚目)可愛らしい新芽。
つづく。
————
◆レポート全文は、HPでご覧ください!
◆野田村での取組みや生産者さん紹介は、現在配布中の「23号:春カタログ」でお読みいただけます。カタログだけの注文も承っていますので、お手元にない方は、ぜひ、こちらから。
◆2021年の「21号:秋カタログ」の特集は「やんばるのハルサーたち」。お手元にない方は、ウェブサイトでもお読みいただけます。
◆「阿波根昌鴻さんの願い~ハルサーの中のハルサー~
カテゴリー: 活動 | コメントする

陸前高田から“初しぼり椿油”届いています!残り後わずかですよ!

昨年の秋、真っ赤に実った椿実を、天日でしっかり乾燥させて、生しぼり。
搾油中、工房内は、フルーティーで、ふんわり甘~い香りに包まれていました。
オイルは、お花のような華やかな優しい香りで、甘味があってコクのある味わいです。ぜひ、オイルそのまま、スプーンでパクッと一口食べてみてください。きっと、油の概念が変わりますよ(^^)
陸前高田は、米崎リンゴが美味しいように、果実を甘くする風土なのでは?と勝手に想像しております。
まるでワインのように、産地や年度によって味が変わって、面白いですね。
震災後に植樹した椿苗は、太陽をたっぷり浴び、冬の寒さを乗り越え、根を張り成長しています。
私たちはこれからも、共に歩んでいきたいと思います。
東北の地に、そして世界中の人の心に、穏やかであたたかな春が訪れますように。
カテゴリー: 活動 | コメントする

福島第一原発事故から11年

福島第一原発事故は終わっていません。不安の中で生きている方が多くいらっしゃいます・・・日々、どれほど自分事として捉えられているだろうかと、自問します。
核のない社会を実現するため、現状を知り、学び、考え、声をあげ、共に行動していきましょう。今を生きる私たち一人ひとりの、次世代への責任です。
こちらのチョコレートをご購入頂くと、代金の一部を、福島の子どもたちの保養を行っている「沖縄・球美の里」に寄付させて頂きます。
あなたの大切な人に、チョコレートを贈りませんか。共に生きる仲間の輪を、広げていきましょう。
◆私たちは、こちらの活動も応援しています。共に支援しましょう。
沖縄・球美の里
いわき放射能染市民測定室たらちね
3.11甲状腺がんこども基金
◆「311子ども甲状腺がん裁判」共に支援しましょう。
クラウドファンディングに挑戦されています。3月11日午前11時までです!!!勇気を振り絞って原告となられた6名の方の後ろには、声をあげられない若者たちが多くいます。
— 引用 —
原発事故当時幼稚園生から高校生だった男女6人が、福島原発事故に伴う放射線被曝により甲状腺がんを発症したとして、東京電力を訴える決意をしました。
311甲状腺がん子どもネットワークは、この裁判を全面的に支えるために活動を開始します!
————
カテゴリー: 活動 | コメントする

山口さんの山葡萄ジュース、届いています!from 野田村

初めて製造した昨年は、あっという間に売り切れてしまいました!今年のジュースも数に限りがございます。すでに早期完売の見込みです。ぜひ、お早めにお求めくださいね!!
そして、山口さんは、現在沖縄訪問中!!春代さんと一緒に、素晴らしい先輩方から沖縄の歴史と現状について、これまた素敵なハルサーから目指す農業を、深く深く学ばれています。
山口さんの現場である野田村、そして沖縄。そのつながりを、生き方を通して体現していくことが、平和な社会への道しるべになることと期待しています!!
—以下、山口さんのブログより引用—
山葡萄を生産している地域が根井地区という地区なのですが、
山形県から満州への開拓移民として、渡っていった方々が、戦後、戻ってきて移り住まれた地域となっています。
命からがら逃げ帰っていた後、木の根ばかりの土地を、ちゃんとした道具もなく耕していった努力や、積み上げてきた歳月にどれほど労苦を尽くしてきたのか。
自分の生まれた故郷を追われるということのつらさは、ゆとり世代の現代っ子の自分にとって、想像もできず、一言二言で語れることでは、ないと思います。
自分が野田村の協力隊の募集の話を聞いたときも、開拓者の方々の話を聞いて、こんな人たちが日本にいたのか、こんなにも苦労を背負ってきた人たちがいたのかということに驚きました。そういう思いをしてきた人たちのために頑張りたい、
そういう苦労を背負ってきた人たちのためになる仕事なら頑張れると思って、応募を決めたと今になって思います。
今、自分が行っている山葡萄の生産も、その戦後開拓という苦行を背負ってきた人たちの歴史の上に立って行っているという認識の上でやっていかねばと思います。
逆を言えば、山ぶどうを通してこの戦後、開拓の歴史を世に語り継いでいく一つのツールとして山葡萄のワインや、ジュースなどもあるのではないかという風に思います。これからよろしくお願いします
—-
↓4月に葡萄畑でイベント開催されるそうです!
カテゴリー: 活動 | コメントする

現場の声を共にききませんか

私たちネパリ・バザーロは、NPO法人ベルダレルネーヨにお寄せ下さったご寄付より、アグリ笹森さんのお米をCPAOさんに毎月お届けさせて頂いています。
CPAOさんが、さらに愛情たっぷりこめてごはんをつくり、細やかに、本当に必要とされている方々に届けてくださっています。
そのCPAOさんが特別公演「子どもたちを追って見えたものーコロナ禍でさらに追い詰められる10代に何ができるか?」を開催されます。アーカイブを後日視聴することもできます。
カテゴリー: 活動 | コメントする

共に声をききませんか?

ネパリ・バザーロでは、皆さまからお寄せいただいた「沖縄カカオプロジェクト・特定寄付」から「3.11甲状腺がん子ども基金」にも寄付させて頂いています。ありがとうございます。
3.11から11年。同時代を生きる大人として、大きな責任を感じます。当事者の方々の声を共にききませんか。
カテゴリー: 活動 | コメントする

高校1年生4名が、ボランティアにいらしてくださいました!

何と、試験が終わったその日にボランティアに来てくれた若者たち!!
ニコニコ楽しそうに作業をしてくださって、事務所は明るく賑やかな1日でした。
事務所が、共感できる場所、ワクワクする場所として伝わっていたら、こんな嬉しいことはありません!!
矛盾のない仕事を通してよりよく生きること、共に目指していきましょう。
春カタログ、ぜひ若者たちにも手にとって頂きたいです!!\(^^)/ 手前の箱は、ちょうどネパールから入荷した荷物です。春色のお洋服や可愛い雑貨たちがつまっていますーー◎
高校生、中学生にもできるボランティア作業、たっくさんありますよ!ぜひご連絡くださいね!
カテゴリー: 活動 | コメントする

春カタログお申込みの方に、ネパール紅茶のテトラティーバッグプレゼント!

今回の春カタログにも、想いをた~っぷりつめこみました。ぜひ皆さんに受け取って頂きたいです(*^^*) 無料でお届けしますので、HPからお申し込みください!
新しく作った紅茶のリーフレットと、テトラティーバッグもプレゼント中です!ヒマラヤの麓で生きる人々に想いを馳せて・・・ほっと一息、とびきり美味しい紅茶をお愉しみください◎
ご友人の方へのご紹介もとても嬉しいです(*^^*)
つなぐつながる、笑顔の輪を広げましょう。
カテゴリー: 活動 | コメントする