header image
 

NEPALI BAZARO Activity  

昨日は賑やかな一日でした!積極的で、感性豊かな若者たち。高校生の自分に何ができるだろうか・・・一生懸命考えています。

私たちにとって、これから一緒に未来を創っていく若い仲間たちとの出会いは希望です。共に考え、歩んでいけたらなと思います。
これからのつながりが楽しみですね!事務所にどんどんいらしてくださいね。

そして・・・手に持っているのは、『つなぐつながる&Tsumugu 2016秋冬」!!

大変お待たせいたしました、ようやく完成しました!今週発送作業をして、来週中には皆様のお手元にお届けできると思います。後少しお待ちください!

年に2回恒例の限定ショップ、今回から”つなぐつながる市”とタイトルを改め、また新しい気持ちで開催することにいたしました!!

“おいしい” “たのしい” “気持ちいい” がたっぷりつまった、NEPAL×東北の2日間。

「つなぐつながる」でご紹介している商品を、実際に手に取って、味わって、身にまとってみてください。

手から手へ、新しく紡ぎだされる物語を一緒にたのしみませんか?

色々な企画を考え中!少しずつ、こちらでご紹介していきますね。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。ぜひいらしてください (^O^)

******************************************************************
2016年10月29日(土)&30日(日) 11:00~17:00
場所:スタジオ La MOMO 自由が丘
(東京都目黒区緑が丘1-14-7)
主催&お問い合わせ先:ネパリ・バザーロ
TEL:045-891-9939 E-mail:common@nbazaro.org
******************************************************************

 

2016年8月1日から25期が始まっています。
皆様の応援のお陰で、ここまで続けてくることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。気持ちを新たに、これからも頑張って参ります。どうぞよろしくお願いいたします!!

 

5月にツアーで手植えした苗が立派に育っていて感動でした!ここまで大切に育てて頂いて感謝です。ほんにょも作りました。

仕事の後のバーベキュー、美味しかった!うん米のおにぎりは最高!!

アグリさんの心からのおもてなしが心にしみました。ありがとうございました!

明日からの稲刈り・椿ツアーを控え、バタバタしている皆様もいらっしゃることと思います。明日は、スタッフ一同、お待ちしております。

 今日は、久慈市の災害の様子に引き続き、野田村、岩泉近隣の災害状況をお伝えします。野田村は、漁港を中心に大きな被害が出ています。近郊にある下安家の鮭マスふ化施設の惨状をどう伝えたらよいのか。ふ化施設の手前の新しい橋は崩落し、大量の流木が絡まり、川の流れをせき止めているようでした。また大雨が降ったらとハラハラします。昨夜、災害対策本部の方に伺った話では、損害額は十数億にも上るそうです。
本州一の鮭の漁獲量を誇る岩手県で、野田村は稚魚の生産量の40%を占めるそうで、岩手県としては再開してほしいと望むものの、国、県、村からの補助を合わせても漁業協同組合の支出は膨大な金額になり、やめたいともらす漁協関係者もいらっしゃるそうです。添付の写真は分かりにくいと思いますが、崩落した橋に流木が引っかかっている様子です。
現在の野田村の状況は、色々な自治体からの視察が続き、対応におわれているようです。視察は説明すれば良いと思われますが、マスコミの取材は逆に困ることもあるようです。先日のシネマナイトでお聞きしたようなことがおきています。

下安家から岩泉に向かい、田野畑を通り抜け、右折して455号線に入った途端、風景が変わりました。紛れもなく被災地です。氾濫した小本川流域の風景は3.11の時と重なって迫ってきました。道路両脇の瓦礫。ひっくり返った車。中が丸見えでがらんどうの家。冠水している道路を走ったり、逆に乾いた赤土の道路を走っていると、ダンプカーが巻き上げる土ぼこりで前が見えなくなったり。
岩泉町役場総務課の畠山さんに支援金をお渡しし、メッセージをいただきました。「ボランティアの応援がとても必要です。被災された方達の泥掻きを手伝って!という悲痛な声に応えていただけたら本当にありがたいです。10月の連休に期待しています」。今回は、大量の流木が強く印象に残りました。
まだ見つからない方々がいらっしゃいます。大量の流木の中に・・・、手荒く除去できないというジレンマがあると、関係者の方が言われるのを聞き、はっとしました。
どうぞ、関係の皆様にも、お伝え下さい。

ネパールでは、9月3日は子どもの日。カトマンズ近郊の私たちが支援している養護施設からも2人の子どもたちが代表で、同じ境遇の子どもたち約100人が集まる式典に参加したり、子どもたちが参加できるイベントに参加してその時間を楽しみました。子どもたち、どんどん大きくなって行きますね。いつも、ご支援、有り難うございます。

「野田村ワイナリープロジェクト」を通して、私たちがずっとかかわっている野田村。近郊の久慈、岩泉とも協力し合い、北岩手を盛り上げていこうと思っていました。実は、今月末発行のカタログでは『北岩手の旅』を特集し、7月に訪ねた龍泉洞や北山崎をご紹介しています。

今日は代表は野田村で打ち合わせをし、台風10号の被災の状況と下安家漁協の鮭のふ化場の被害と対策について伺ってきました。様子は後日ご報告します。

昨日は久慈に行き、久慈市福祉事務所に義援金をお渡ししてきました。

久慈川に沿う281号線は久慈川の氾濫でガードレールの一部が流されていたり、道路がえぐり取られていたりで通行止めが多いと聞き迂回を考えましたが、昨日は片側通行になっていて迂回せずにすみました。しかも通行量が少なく、意外と時間がかかりませんでした。

浸水した町中は外から見えるところは片付いてきたようですが、営業再開した店舗はまだ少なく影響は長引きそうです。

久慈の中心市街地の商店の支援も義援金が頼りだそうで、お届けしてよかったと思いました。高齢化のため自力再建は難しく、支援が集まらねば、ゴーストタウンになってしまうと心配されていました。600年の伝統がある、北岩手最大の秋祭りもやむなく中止となりました。

野田村では、久慈や岩泉など近隣被災地のためにも「山ぶどう収穫祭」を成功させ、明るい話題で盛り上げようと、皆、口々に言われています。

 

シンプルなシルエットですが、存在感のあるコーディネート。
夏の疲れが出てくるこの時期。レース織と竹布をまとうとほっとします。

レース織Tブラウス
http://www.verda.bz/?pid=86934853
竹布パンツ
http://www.verda.bz/?pid=72645602

アグリ笹森さんからのメッセージです。

「皆さんが手植えした田んぼの稲が見事に実っています。

アグリ笹森では、稲刈り前の畦畔等の草刈りを終え、ヒエ取り作業を行っています。

農薬(除草剤)散布後の水管理が悪く、除草剤の効果がなかったために、ヒエが繁茂してしまいました。(私たちが手植えで田植えした田んぼではないそうです)

毎年、米づくりは1年生です。1日中、田んぼで腰をかがめての作業なので身体に利きますが、見返りは少ないです。

しかし、農民は米を買っていただけるだけで助かります」

本当に本当に美味しい、アグリ笹森さんのお米です。
今月末に発行する、「2016秋冬・つなぐつながる」では、新商品も登場します!皆様も是非一度、味わってみてください(#^^#)
http://www.verda.bz/?pid=85662105

地域学習の授業でネパリ・バザーロの活動に興味を持って質問にいらしてくださいました。とっても純粋な学生たち!興味津々でワクワク感が伝わってきました。

私たちも、もっともっと地元とつながりたいと思いつつ、ネパールや東北に出かけてばかり。こんなに純粋な若者たちと、私たちが住むこの地域を一緒に作っていけたら素敵だなと希望を感じました!

発表頑張ってください!またいらしてくださいね。