《9月15日ネパリカフェ#9を開催しました!》

「民の声新聞」の発行者・鈴木さんをお招きし「90か月目の福島はいま」としてお話をお聞きしました。3.11の原発事故以降、ずっと現場に通い続ける中で触れる、地元の方々の心の揺らぎや葛藤、矛盾… ずっしりとしたものを受け止め、迷い、悩みながらも、出会った一人ひとりに寄り添い、真実を発信し続けられています。

現地・現場にこだわってきた私たちにとって、鈴木さんの姿勢には共感するところが多く、その後の意見交換も濃い内容となりました。

貴重な情報が詰まった「民の声新聞」。福島の問題は、私たちの問題です。共に悩み、考え続けなければと思います。ぜひご覧ください。
http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com

カテゴリー: 活動 | コメントする

《秋カタログが届きました!》

 食品&クーネの「つなぐつながる」、服と雑貨の「つむぐ」、2冊が完成しました!!今回も、想いをたっぷり込めています。15日(土)に、公文国際学園の学生さんがボランティアに来てくださり、皆で発送作業をしました。何と、ミャンマー、タイ、モンゴル、中国、スリランカからの留学生が6人も来てくださり、事務所は国際色豊か!!サポート会員の皆様には彼らの手書きのメッセージ付きです。お届けまで数日、楽しみにしていて下さいね!

全国の皆様には作業所さんでも発送作業をしているところですので、今週末にはお手元に届くと想います。お待ちください!

また、ご希望の方には無料でお届けいたします。FBのメッセージ、もしくはcommon@nbazaro.org にメールをお送りください!カタログご希望の旨と、お名前、ご住所、お電話番号をご明記ください。どうぞよろしくお願いいたします!

 

カテゴリー: 活動 | コメントする

《陸前高田 vol2》

『器・和雑貨・地酒 酔仙 いわ井』さん。いわ井さんセレクトの手仕事の味わいのある雑貨がセンスよく並べられています。日々の暮らしに彩りを加え、ほっと安らぎを与えてくれる雑貨たち。震災直後、必需品ではないものだけれど、人々に必要とされていると実感されたそうです。

地酒 酔仙やこだわりの食品と一緒に、「生しぼり椿油」もお取り扱い頂いています!いつもありがとうございます!!

 

カテゴリー: 活動 | コメントする

《陸前高田に行って来ました!vol1》

鶴亀寿司さんが、新店舗をオープンされたと聞いて、お祝いに伺いました!本当に、本当におめでとうございます!長い7年半だったと思います。
私たちが初めてのツアーを企画した2012年。鶴亀さんに夕食をお願いしました。その時は、鶴亀さんが仮設店舗での営業を始められる直前。しかも50人!皆でぎゅーーっとくっついて座りながら頂いたお寿司はあったかい思い出です。

陸前高田を訪ねた際は、とっても美味しいお寿司を食べに行ってみてください (^o^)v 大将のトークも味わい深いですよ~
https://takanavi.org/archives/2612

 

カテゴリー: 活動 | コメントする

≪ボランティアで通って下さっていた学生さん、マレーシア留学へ!≫

ネパリにボランティアで通ってくださった学生さんが、想いを寄せてくださいました。来週、マレーシアに出発されます。他民族、多文化、多宗教の国で、様々な価値観、生き方にたっぷり触れて、実りある留学生活になりますように!!応援しています!!行ってらっしゃい !(^^)!
————————————————————————
4月から週に一度ボランティアをしてきました。ネパリに初めて伺ったのは今年の冬でした。きっかけはボランティアサークルでたまたまネパリの商品を扱う機会があり、その時に幼いころから家の近くにある学校の文化祭でネパリのクッキーやケーキを購入していたのを思い出したことです。ちょうどその頃、大学では東南アジアの地域研究を学んでいて身近に現地とつながることのできる団体を探していたため、ネパリに連絡をしました。
ボランティア活動では主に商品の検品や梱包、整理などを行います。最初はただ作業をこなしていただけでした。しかし、作業前に商品の生産者の背景などの説明を受けたり、お昼ご飯を食べながらスタッフの方々にお話を伺ったりする機会がありました。そのうちに私の活動はネパールや国内の生産者と消費者をつなぐ大切な橋渡しをしているのだと感じられるようになりました。また、よりよい社会を築いていこうという信念のもと熱意をもって働いているスタッフの方々は今までに私が出会ったことのない人たちでした。そういった働き方に私は強く惹かれました。
九月からマレーシアの大学に半年間留学をします。短い間ではありましたが、お世話になりました。帰国後にまたネパリに戻りたいと思っています。
————————————————————————

※2枚目の写真は、ネパールから紅茶が届いたところ。事務所で木箱を解体し、紅茶をカウント、箱詰めします。3枚目、4枚目はネパールの紅茶農園で働くワーカーと子どもたち。商品を受け取り、私たちが頑張る番です!

 

カテゴリー: 活動 | コメントする

≪野田村ツアー、募集中です!≫

毎回大人気の野田村ツアー。まだ人数に余裕がありますよ!

山葡萄収穫や選別作業のお手伝いをしに、野田村に一緒に行きませんか??農家さんも楽しみにしてくださっています。山葡萄ワインを飲みながら、野田村の海の幸&山の幸のバーベキューも最高です!!

詳細はこちらから。
http://nbazaro.org/event/2018nodamura.pdf

お申込みはこちらから。
http://nbazaro.jp/mailform/form.php?form=5b2c785d0f109

カテゴリー: 活動 | コメントする

≪紅茶農園で働くワーカーの子どもたちへの奨学金支援≫

先日、奨学金支援を始めた経緯や現在の若者たちの様子や成果、これからの展望などについて、春代さんと完二さんが対談をしました。次々号の冬カタログ(11月初旬発行)でご紹介予定です!!

1枚目の写真は、完二さんが紅茶農園を訪問した際、地元の方や子どもたちの大・大・大歓迎を受けて、たくさんの花輪を頂き、顔が見えなくなっているところです(*^^*)

15年近く前、当時ネパールは内戦中、ライフルを構える兵士の間を通り抜けて、紅茶農園に通っていました。反政府軍は、ネパールの貧しい地域のための私たちの活動を評価し、紅茶農園も守られました。

***
対談の中では、ネパリ・バザーロが誕生する前に始めた勉強会「ゆ~&あい」から振り返りました。

1991年4月にされた発行No.1の通信には、「今、世界はどうなっているんだろう。私たち地域や暮らしはどうなんだろう。このままでいいのかな。何かをしたい、でも何を、どうやって。もっと知りたい、学びたい、感じたことを話したい、仲間が欲しい」とありました。

それから27年、ますます混迷する世界で、今の気持ちと全く変わらないストレートな言葉がつきささりました。沸々とわいてくる想いを仲間と共有し、これからもできることを続けるしかない、頑張ろう!!と改めて思った対談でした。

カテゴリー: 活動 | コメントする

山ぶどう収穫のお手伝いとワイナリー訪問

ご参加おまちしております!

http://nbazaro.org/event/2018nodamura.pdf

 

カテゴリー: 活動 | コメントする

≪嬉しいご報告!ネパールより≫

私たちの奨学生であるプラジュワル君が、私立学校の教師になりました!!

東ネパールのインド国境付近に住む、少数民族キサンの方々。未だとても厳しい生活をしいられています。プラジュワル君はお母さんと二人暮らしでしたが、40代前半で腎臓病で亡くなりました。

奨学金で大学の教育コースを学んでいましたが就職先がなく、昨年は海外に出稼ぎに行くことも視野に入れていたので気になっていました。昨夜嬉しいニュースが届き、堂々とした姿に感激しました。皆で喜んでいます!!お母さんも安心されていることでしょう。

プラジュワル君、これから大変なこともあるかと思いますが、後輩たちのためにも、精一杯頑張ってくださいね。日本からたくさんの方が応援しています。一人じゃないですよ!明るい将来を願っています!

カテゴリー: 活動 | コメントする

≪あなたのご参加をお待ちしています !(^^)!≫

夏休みも後少し、ボランティアや仕事体験の学生さんがいらしてくださっています。高校生から大学生まで、事務所は賑やかです。

写真は、サヌ・バイさんから届いたアクセサリーを検品して、磨いて、梱包しているところです。「生産者から届いた商品をお客様にお届けする、とても大事な役割がここにはあるんだと思いました」と高校2年生の学生さん。お昼には、ネパールカレーをいっしょに作って食べました!

色々な想いを抱いてここまで足を運んでくれる若い仲間たち、とてもフレッシュで刺激的。学生時代に考えていたこと、描いていたこと、悩んでいたこと、思い出します。ファエトレードの活動に触れながら、若者たちが自分の生き方について向き合い、考えるきっかけになればと願います。

興味がある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さいね!!大歓迎です(*^^*)

カテゴリー: 活動 | コメントする