MSCC (9/20)

カトマンズはブタニールカンタにあるモーニングスターチルトレンズセンターMSCCは、昨今、色々なことが重なり、支援がストップする状態が4月より続き、支援金がここ2ケ月枯渇する事態に陥りまた。イギリスからの大手サポートが止まっていることも原因しています。私たちは2番手に大きいサポータですが、継続するので心配しないように伝えました。私たちの大切な言葉は「共に生きるですからね、がんばりましょう」と伝えると、優しさのなかにも逞しさをみせるジョッティさんは、涙ぐまれていました。MSCCの元代表のビシュヌさんのお嬢さんで、出会った頃は9歳、20年経った今は看護士となり、又、モーニングスターを支える理事の一人として活躍されています。今後、沖縄の支援グループ(沖縄キリスト教学院大学内NGO)にも協力を要請しながら支えて参ります。ご支援、宜しくお願い致します。

You can leave comments by clicking here, leave a trackback at http://nbazaro.org/wordpress/wp-trackback.php?p=288 or subscibe to the RSS Comments Feed for this post.